ドーナツ化現象と水戸の風俗

都心から人がいなくなり、周辺地域に人が集まる現象をドーナツ化現象と呼んだりしています。

実は最近、都心の風俗でもそれが指摘されています。

どういうことかと言うと、都心部の風俗店から良い女の子がいなくなり、都心から外れた郊外の風俗に可愛い女の子が集まっているという現象です。

と言っても、遠く離れた地方都市ではなく、あくまで都心からちょっと離れた都市なのです。

これを風俗界のドーナツ化現象と呼んだりしています。

例えば、茨城県の水戸あたりがそれになります。

地方の風俗が熱いと言われたりしますが、実はこのドーナツ化現象だったりするのです。

お金に困っている普通の女の子が風俗の世界に入ってきているのが最近の特長です。

そうした子の場合、若い学生のころから援交をしていたような子と違って、風俗に対する抵抗感も強いもの。

働くのはいいとしても、絶対に周りには知られたくないと思うようです。

そのため、ちょっと離れた郊外の都市にそうした普通の可愛い女の子が集まるのです。

そうした女の子を狙って、風俗通も動きますから、当然、郊外の風俗店が活況を呈すことになるわけです。

そうやって理屈がわかるとナルホドと感じるのではないでしょうか。

土浦のヤンキーデリヘル嬢

土浦でデリヘルを利用した時の話です。

たまたま仕事で土浦に行き、夜時間があったのでホテルにデリヘルを呼びました。

土浦のデリヘルというとどんな感じなのだろと想像できなかったのですが、

お店はわりと地元密着的な感じで、都会にはないような、親切な応対でした。

ホテルに来た女の子は、茶髪のヤンキーでした。

確かに茨城と言えばヤンキーのイメージが結構あるので、

ああそうかと思いました。

しかし、顔はかなりきれいな感じ(佐々木希のような)なので、

チェンジはしませんでした。

おそらく普通の格好をしたらかなりきれいなのにな・・

と思いました。

ホテルに入ってすぐ、「お客さんタバコある?」と

タバコをくれるように頼まれたのも、今回が初めてでした。

しかし、それだけフレンドリーということでもあるのでしょう。

それからしばらく世間話をして、土浦が初めてだと言うと、

嬉しそうな顔で「サービスしてあげる」とのこと。

シャワーを浴びてから、ベッドでプレイ開始です。

まず全身を丁寧に舐めてくれ、それから69の状態で

フェラ。フェラもとても熱心にしてくれるので、びっくりしてしまいました。

これは都会にないものです。それから手コキと足コキで1回ずつ。

最後にディープキスをして別れました。

地方のデリヘルもなかなかいいものです。

土浦のソープランドで出会ったハーフ女性

先日仕事の出張で土浦に行きました。

土浦はいままで行ったことなかったのですが、

結構大きい街でした。

取引先との交渉も終わり、

早めにホテルに帰れたので、

せっかくだからと土浦の風俗に行くことにしました。

インターネットで土浦の風俗を調べて、

良さそうなソープランドを見つけました。

ホテルからも遠くないので、

早速出かけました。

途中、目についた定食屋で簡単な夕食を済ませ、

その足でお店へ。

50代くらいのベテランの店員さんが

慣れた手つきで案内してくれました。

とても丁寧な対応をしてもらいました。

これは東京にはない、地方の良さではないかと思います。

今日出勤している女性の写真を見せてもらいました。

「どんなタイプが希望ですか?」と言われたので、

「巨乳」で「むちむち」と答えました。

すると、「それならこちらの女の子がおすすめです」と

1人の女の子を紹介してくれました。

名前はMちゃん。顔をよく見てみると、外国人のような顔をしています。

店員さん「ブラジルと日本のハーフです」

6468461

ハーフの女の子は初めてでしたが、ドキドキしながら

部屋に向かいました。部屋にはMちゃんが待っていてくれました。

確かに肉感的な体で、巨乳でむちむちでした。これはもう完全に外国人でした。

私はおっかなびっくりでしたが、サービスは彼女がリードしてくれたので、

問題ありませんでした。ハーフの女の子の体は最高でした。

★PR★
土浦風俗探検隊(つちたん)